しゅうれいのフニャフニャ夜(Night)♪

ライブやスポーツ観戦の感想が中心です。

【プロレス】「ドラゴンゲート×BOAT RACE コラボキャンペーン第4弾! ボートレース戸田イベント」(2/23)

2/23(日)、ボートレース戸田で行われたドラゴンゲートのイベントプロレスを見てきました。

 

試合は3試合。

ストロングマシーン・J選手・ドラゴン・ダイヤ選手対吉岡勇紀選手・箕浦康太選手。

f:id:syuurei0609:20200223101152j:plain

f:id:syuurei0609:20200223102219j:plain

 

Ben-K選手対このまま市川選手

f:id:syuurei0609:20200223123446j:plain

f:id:syuurei0609:20200223123816j:plain

 

吉野正人選手・Kagetora選手・望月成晃選手対ヨースケ♡サンタマリア選手・ジェイソン・リー選手・パンチ富永選手

f:id:syuurei0609:20200223124717j:plain

f:id:syuurei0609:20200223125630j:plain

 

ドラゲー世代同士の闘い、闘龍門世代対ドラゲー世代の闘いありと、今のドラゲーを感じることが出来ました。

久しぶりに市川選手のシングルを生観戦することが出来ましたし、メインのタッグでは吉野選手とマリアちゃんの絡みもありました。

マリアちゃんが出てきた時の「よ・し・の!」とコールで吉野選手の登場を煽る会場と、同じチームの望月選手には笑ってしまいました。

 

試合の合間には、3連単舟券が当たったファン向けの撮影会もありました。

1レース後のドラゲー世代と2レース後の闘龍門世代で別の撮影会になってましたが、両方の撮影会に参加するには第1レースで当てなければならなかったので、戸田に行く途中からモーターや出場選手の過去の成績・直近のレースまで見て、「どう展開するのかな?」と十数年ぶりにやるボートレースを過去イチで予想していきました。

レースはだいたい予想通りに進み、無事に当てて、撮影会にも参加することが出来ました。

 

その後はトークショーと予想バトル

f:id:syuurei0609:20200223143248j:plain

f:id:syuurei0609:20200223140934j:plain

内容は当日の戸田で行われた9・10・11試合の予想の紹介と、リング上からのレース観戦。

生観戦してる限り当たってた選手はいませんでした。

 

予想と観戦の間にはミニトークも。

舟券があたったら何をするかという話。吉野選手がクラブが欲しいという話と選手のゴルフ話も聞けて良かった。

・Ben-K選手の昔の写真の話から、学生時代にやってたスポーツの話。ジェイソン選手のラグビーをやってたという話も驚きでした。

・望月選手の80年代アイドル好き話。舟券の買い方となぜか「セーラー服と機関銃」の絵を描く流れは良かったです。

・望月選手の画伯ネタから市川選手の絵描きに展開したり、吉野選手が画伯だということも分かったり、R・E・Dのハルク選手は絵がうまいといった話。

普段試合会場で見てるのは試合が中心だから、こういう選手のパーソナルな部分が分かる話も興味深く聞くことが出来ました。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
 
記事をお読みいただきましたら、下にあるブログランキング「ライブ・コンサート」バナーをクリックしてもらえると嬉しいです。(有料サイト、有害サイトとかでは一切ないのでご安心ください。)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【ラグビー】スーパーラグビー「サンウルブズ対チーフス」(2/15)

2/15(土)、秩父宮ラグビー場で行われた SUPER RUGBY ROUND3「SUNWOLVES VS CHIEFS」を見てきました。

 

f:id:syuurei0609:20200215222923j:plain

SUNWOLVESはチーム一丸となってトライを上げ、CHIEFSに向かって行きました。

f:id:syuurei0609:20200215224556j:plain

 

f:id:syuurei0609:20200215232503j:plain

一方のCHIEFSSUNWOLVESに先制トライを許すも、攻守で差を見せて43-17で勝利。

 

試合中はCHIEFSの15番ダミアン・マッケンジー選手に目が行ってしまったんですけど、ボールを持てばスピードがあるし、トライにつながるパスのセンスもさすがでした。

f:id:syuurei0609:20200215215552j:plain

f:id:syuurei0609:20200215215907j:plain

 

SUNWOLVESは、先制トライをあげたし惜しいシーンもあったんですけど、ここというところでCHIEFSの壁を崩しきれなかったですね。

f:id:syuurei0609:20200215220215j:plain

f:id:syuurei0609:20200215220214j:plain

後少しで森谷選手がトライというところも、ダミアン・マッケンジー選手に捕まり・・・、この場面はもったいなかったなぁ・・・。

 

この日、世界的な選手の極上のプレーが多く、80分があっという間でした。

スーパーラグビーはまだチケットが買える試合もあるので、調整してまた行ってみようと思います。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

記事をお読みいただきましたら、下にあるブログランキング「ライブ・コンサート」バナーをクリックしてもらえると嬉しいです。(有料サイト、有害サイトとかでは一切ないのでご安心ください。)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【プロレス】「全日本プロレス」(2/11)

2/11(火)、後楽園ホールで行われた全日本プロレス「2020 EXCITE SERIES 開幕戦」を見てきました。

 

この日のメインは三冠ヘビーのタイトルマッチ、宮原選手対青柳選手。

宮原選手対青柳選手は、青柳選手の挑戦表明から期待を込めて見ていました。

 

青柳選手はヒールというか、宮原選手の反対コーナーに立つ姿を見たいなという気持ちをここ数か月ずっと抱いていたんですよね。

なので、青柳選手よりに心が加担して見てました。

 

f:id:syuurei0609:20200211133138j:plain

10度目の防衛戦となったチャンピオン宮原選手。

f:id:syuurei0609:20200211133258j:plain

初挑戦となった青柳選手。

f:id:syuurei0609:20200211135440j:plain

腕を中心に攻めて行く青柳選手。新しいスピンキックも披露しましたが・・・

f:id:syuurei0609:20200211135844j:plain

最後は宮原選手のシャットダウンスープレックスが炸裂!防衛に成功!!

青柳選手、惜しかったかなと思う所もありますが、三冠の場慣れの差かなと思う部分も。

宮原選手の落ちつきというか、見極めているような場面もあったので、青柳選手はこれからかな。もっともっといい感じになっていくと思うので、今の雰囲気を熟成させていけばチャンスはまた近いうちにあると思います。

 

f:id:syuurei0609:20200211140802j:plain

試合が終わったリング上で、次の挑戦者はいるか!とマイクで挑発していると、諏訪魔選手が登場。

「全日本の顔」はどちらかというポイントも含め、宮原選手に挑戦表明。

f:id:syuurei0609:20200211141202j:plain

最後は宮原選手のマイクで締め。

試合後の宮原選手のマイクも面白くなったし、チャンピオンとしての立ち位置も良い感じになっています。

これからチャンカンもあるし、シングル戦線は楽しみです。

 

f:id:syuurei0609:20200211131252j:plain

f:id:syuurei0609:20200211132444j:plain

セミ世界タッグ
暴走大巨人コンビの仲間割れを期待してた挑戦者組でしたが、最後は諏訪魔選手の豪快なバックドロップで決着。

暴走大巨人コンビの仲間割れはあまり期待したくないかな。

これからも、こういう強くて高い盤石なタッグチームがあっても良いと思います。

 

f:id:syuurei0609:20200211130343j:plain

世界ジュニアは横須賀選手の防衛でしたが、二人のテンポが合って良い試合でした。

 

f:id:syuurei0609:20200211121637j:plain

第4試合には新日本プロレスの中西選手も登場。

最後の全日本参戦で秋山選手、西村選手、吉江選手とタッグで登場。

f:id:syuurei0609:20200211121905j:plain

YOSHITATSU選手とも遭遇するシーンもありました。

f:id:syuurei0609:20200211122647j:plain

終盤には全日本マットで野人ダンス。

f:id:syuurei0609:20200211122908j:plain

最後はアルゼンチンバックブリーカー

良かった、最後に良いものを見ました。

f:id:syuurei0609:20200211122943j:plain

勝利チームが勝ち名乗り。

f:id:syuurei0609:20200211123120j:plain

最後は中西選手のマイクもありました。

 

f:id:syuurei0609:20200211121203j:plain

第3試合のアジアタッグはジェイク選手・岩本選手が勝利。

f:id:syuurei0609:20200211115456j:plain

第2試合、イザナギ選手・・・、こういうの期待してるわけじゃないんですけどね。

f:id:syuurei0609:20200211113606j:plain

第1試合のJRクラトス選手(中央)、桁違いのパワーで小回りの利くゴールドバーグ選手と言った感じでした。(この中にいるのがもったいないです)

 

久しぶりにがっつり全日本プロレスを堪能してきました。

明るく楽しく激しい戦いの1日でした。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
 
記事をお読みいただきましたら、下にあるブログランキング「ライブ・コンサート」バナーをクリックしてもらえると嬉しいです。(有料サイト、有害サイトとかでは一切ないのでご安心ください。)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【映画】「前田建設ファンタジー営業部」

先日、映画「前田建設ファンタジー営業部」を見てきました。

 

まずはあらすじをシネマトゥデイ様より。

2003年のある日、前田建設工業の広報グループ長がアニメ「マジンガーZ」に登場する地下格納庫兼プールの発注を受けたという設定で建設を検証するウェブ連載を発案する。若手社員の土井航(高杉真宙)は当初このプロジェクトに乗り気ではなかったが、社内外の技術者たちの熱意を目の当たりにし、無意味だと思っていた業務に真摯(しんし)に臨もうとする。

 

マジンガーZに出てくる「光子力研究所」を作るとしたらどうやって作るか、いくらかかるか、という「まぁ普通考え付かない発注を受けたらどうなるか」というのを、面白おかしく、少し真面目に取り組んでいる広報部。

 

TVアニメ見てても実際に作るという所までは行きつかないとは思いますが、昭和時代の男心というか少年の心をくすぐる作品だったと思います。

しかも、実在する本物の「前田建設工業」様や他の企業様が協力して作成に携わるという力の入れよう。

これを見終わってから東映チャンネル様でやってるマジンガーZを見ていると、「あー、この部分いくらなんだな・・・」なんて考えながら見るようになってます。

 

登場人物はみんな個性的。

ちょっと行き過ぎてる部分もありましたが、映像化されるとこんな感じなのかな。

 

途中にご本人が出てきますが、永井豪さん全面協力といった感じの作品。

出てきた瞬間「ほぅ、本人公認なんだ」って思わず声に出そうになりました。

そうじゃなきゃ、あそこまで出来ないかな。

あそこまで自由にアニメなどが使用できると、映画の作品にも幅が出来るし、よりリアリティが増していたと思います。

 

職場環境や残業・打ち合わせシーンを見てると「う~ん・・・」と思う部分もありましたが、そのリアルな部分以外は見てる側からするとワクワクする作品だと思います。

 

可能であれば、ネット上にある続編(銀河鉄道999ガンダムジャブローなど)の検討をお願いしたいです。

それと、「グランツーリスモ」はゲームにも携わってくれると面白いものができそうな気がします。

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
 
記事をお読みいただきましたら、下にあるブログランキング「ライブ・コンサート」バナーをクリックしてもらえると嬉しいです。(有料サイト、有害サイトとかでは一切ないのでご安心ください。)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【映画】「Cats」

 先日、映画版「キャッツ」を見てきました。

 

あらすじはシネマトゥデイ様より

「空に満月が昇ったある晩、ロンドンの一角にあるゴミ捨て場には個性あふれる“ジェリクルキャッツ”が集う。それは生涯にたった一度、新しい人生を始めることができる一匹の猫が選出される特別な舞踏会が催される夜だった。」

 

自分は舞台版の「Cats」をNYの「Winter Garden Theatre」で見ているので、そのその部分も含めての感想です。

 

まず、出ているのは猫なの?人間なの??

人間だとしたら、舞台のようにメイク・動作で良いような気がしました。

で、猫だとしたら、毛並み以外もCGで良くない??

見始めて立って歌うシーンは出ているネコ人間で良いとは思ったのですが、シーン転換などで動くシーンは四つん這いで猫っぽい・・・。
→そこが気持ち悪いんですよね。
 
それと、途中に出てきたネズミ人間とゴキ人間・・・。

このシーンは気味悪かった・・・。

特にゴキ人間が大量に動き回って歌うシーンは、さすがに目を背けました。

 

後、ゴミ捨て場のシーンも微妙だったなぁ・・・

朝一で見たからかもしれないですけど、気持ちいいものではなかった。

作り物だったから故、もう少しデフォルメしても良いのではないのかな?

 

このシーンだけ耐えれば(と言っても前半結構長め)、後は名曲の歌のシーンがほとんど。

このシーンくらいまで見ていれば、ネコ人間の動きは何となく慣れてくるはず。

 

話の流れは舞台版とさほど差がないので、映画版でも楽しめるのではないでしょうか。

違和感があったところとしては、長老猫(デュトロノミー)がメス猫だったこと。

見ると決めてからあまりいい評判がネット上に流れていないので、それほど情報を入れずに見に行ったのですが、デュトロノミーを見た瞬間、「あれっ?」って思ったんです。

確か舞台版はオス猫だったような記憶が・・・。(20年位前の話ですけど)

後、舞台中央で全く動かないから作り物だと思ってたら、動いた時の「うぉ、動いた、人間だったんだ」という衝撃が味わえないのも残念と言えば残念。(※個人的な感想)


それと、細かいことだと、いろんなシーンでネコと街の大きさのバランスが均一に感じなかったんですよね。気のせいなのかな?

 

それくらいかな。

後は見ているうちに「次はこのシーンだ」とか「この後、この曲が来る」というのは、だんだん思い出されてきました。

それに、一流のダンサーさんがネコを演じているので、ダンスシーンはきれいです。

 

今回、字幕版で見ていましたが、これは字幕版だけで良いかな。

歌がメインなので、吹き替え版キャストの方も素晴らしいのではと思うのですが、歌は演者さんのものを堪能できたと思っています。

 

最後に結論・・・

CMで見た時に「うわぁ、久しぶりにキャッツが見たい」という期待感はありましたが、それを超えるものまでは得られなかったかな。

あっ、そうそう、最後のシーンを見ていて思ったことですが、自分は「犬派」です。
そんなにネコの気持ちは分からなくても大丈夫です。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

記事をお読みいただきましたら、下にあるブログランキング「ライブ・コンサート」バナーをクリックしてもらえると嬉しいです。(有料サイト、有害サイトとかでは一切ないのでご安心ください。)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【プロレス】「まちだプロレスまつり」(1/30)

1/30(木)、町田市民ホールで行われた「まちだプロレスまつり」を見てきました。

 

町田市ゆかりの竹田選手と石川選手が中心となって、いろいろな団体からたくさんの選手が参加。

この日にしか見えない豪華な組み合わせ、カードが実現していました。

f:id:syuurei0609:20200130190254j:plain

大地選手と柴田選手が同じコーナーにいるのは不思議な空間でした。

 

f:id:syuurei0609:20200130191743j:plain

崔選手と岡林選手組は普通に強いです。

 

f:id:syuurei0609:20200130193729j:plain

f:id:syuurei0609:20200130194131j:plain

女子のカード(Sareee選手・チェリー選手対アジャ選手・真琴選手)は今回初めてだったようです。

 

f:id:syuurei0609:20200130195209j:plain

赤虎選手がみちのく勢ともマッチして、それが同じコーナーの全日勢にも派生し、場内は爆笑に包まれていました。

 

f:id:syuurei0609:20200130200644j:plain

休憩時には「まちだガールズクワイ」のミニライブ。

 

f:id:syuurei0609:20200130204158j:plain

セミは竹田選手と望月選手の対戦が新鮮、望月選手と田中選手のタッグは超強力でした。

いろんな団体でベルト、行けるんじゃないですかね。

 

f:id:syuurei0609:20200130204641j:plain

メインは暴走大巨人対ヤンキー二丁拳銃。

ベルトをかけても良いような組み合わせが町田で実現。

f:id:syuurei0609:20200130205040j:plain

客席内で場外乱闘もあり、宮本選手と諏訪魔選手の乱闘に軽く巻き込まれましたが、これも良い思い出。

 

f:id:syuurei0609:20200130211325j:plain

最後は「0・4・2・まち・ダー!」で終了。

 

自分のプロレス脳を刺激するとても面白い大会でした。

次回があればまた見に行ってみたいです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

記事をお読みいただきましたら、下にあるブログランキング「ライブ・コンサート」バナーをクリックしてもらえると嬉しいです。(有料サイト、有害サイトとかでは一切ないのでご安心ください。)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【サッカー】「SC相模原2020シーズン新体制発表イベント」(1/25)

1/25(土)、相模原市アリオ橋本で行われたSC相模原 2020シーズン新体制発表イベントを見てきました。

f:id:syuurei0609:20200125220345j:plain

ほとんどの選手、コーチ陣が参加。

 

新入団選手はベテラン勢を前にして自己紹介タイム。

f:id:syuurei0609:20200125134224j:plain

f:id:syuurei0609:20200125134401j:plain

f:id:syuurei0609:20200125135944j:plain

f:id:syuurei0609:20200125140709j:plain

f:id:syuurei0609:20200125141826j:plain

f:id:syuurei0609:20200125142426j:plain

f:id:syuurei0609:20200125233405j:plain

チームの始動直後のイベントだけあって、まだぎこちない部分もありましたが、チームに残った選手と新入団選手がうまく融合し、コーチ陣が戦術を浸透させていけば、きっとうまく機能していくのでは・・・と感じたイベントでした。

 

後、現在、4つのホームタウンチームを中心に、相模原駅前に「多機能複合型スタジアム整備を要望する署名運動」を展開しています。

これも含め、いつもに増して上位リーグへ向かう姿勢があり、気運も高まっていると感じます。

今シーズンの戦いが楽しみです。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

記事をお読みいただきましたら、下にあるブログランキング「ライブ・コンサート」バナーをクリックしてもらえると嬉しいです。(有料サイト、有害サイトとかでは一切ないのでご安心ください。)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村