しゅうれいのフニャフニャ夜(Night)♪

ライブやスポーツ観戦の感想が中心です。

【LIVE】「ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA - 40年のありったけ -」(2/6)

2/6(水)、オリンパスホール八王子で行われたASKAさんのLIVEASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA - 40年のありったけ -」を見てきました。

本ツアーは終わったようですが、追加公演があるようなので、あまりネタバレはしないように感想を書こうと思います。

(一部曲目は書きますのでご了承ください)

 

元々チャゲアスもソロも好きで聞いてましたが、ソロのライブは初めて。

いろいろ聞きたい曲がありますが、初めてに近い曲の方が圧倒的に多いセトリでした。

そんな中で、「これだけは聞けて良かった」というハマった曲があります。

前半で演奏された「明け方の君」です。

この曲は「TREE」に収録されていて、そのCDの中にはいろいろ良い曲・凄い曲がありましたが、中でも「BIG TREE」と「明け方の君」はパワープレーで聞いてました。

なので、サビ部分からの歌い出しを聞いて「おぉ!来た!」とこっそりガッツポーズ。

「待たせたね~!」の一言でさらに「ウォー!」って叫んでしまいました。

 

前半のMCの中では「八王子生まれなので」というつかみもあり、ライブはスタート。

ソロ曲中心でしたが、ソロだけでなく、チャゲアスの曲もありました。

 

ソロライブは初めてですがチャゲアスのLIVEは横浜アリーナで見たことがあり、その時よりもこの日のセトリは聞きたかった曲が多かったです。

こはちょっと複雑な気分です。

 

途中、謎のトイレタイム(お客様をトイレに行かせるためにライブは中断。でも、メンバーはステージ上で座っておしゃべり)もあり、「聞かないで、これ見ててもつまらないでしょ。かまわないで。見ないで。聞かないで。」と言ってメンバーと歓談。

(すごい不思議でシュールな時間でした)

本当の雑談からその後やる曲のヒントなどもあり、最後の方で「この曲やったら『チャゲがいないと』って声が出ると思うんだよね」って言って会場が湧いた部分がありました。
その話を聞いた瞬間、真っ先に頭に浮かんだ曲があったのですが、それが演奏されたんですよね。

思わず、「あー、そりゃぁそう言われるよな」って心の中で思いっきり言ってました。
デュエット曲はいずれ2人で披露される日は来るのかな?どうなんでしょうね。

 

それと、この日は安全地帯の玉置浩二さんがご夫婦で見に来てて、無理矢理ステージに上げられていました。

面白い組み合わせだったけど、1曲ちゃんと2人の曲を聞きたくなりました。

 

CDが売れていた時を代表するアーティストさんですけど、今のCDが前ほど売れない時代、どうすればよいかというのも考えながら活動されているようです。

こういうライブツアーなどいろいろ活動の場はあると思うので、これからにも期待したいです。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【プロレス】「プロレスフェス全国大会」(3/31)

3/31(日)、イオンモール羽生で行われた「プロレスフェス2018全国大会」を見てきました。

 

「プロレスフェス」とは、全国のご当地プロレスのレスラーが集まり、誰が一番面白いか?を投票で決めるイベント。

地方大会で選ばれた選りすぐりの強豪が集まって決勝大会を行ったのがこの日。

f:id:syuurei0609:20190331141235j:plain

試合前には、全選手がリングに上がって、サインボール投げ+アピールタイム。

数人見たことはあったけど、初めてのレスラーが多かったので、この時点でワクワクして見てました。

f:id:syuurei0609:20190331141912j:plain

武藤選手も大会委員長として挨拶。

やはり、その前に登場した選手よりも大物レスラーのオーラが出ていました。

 

試合については、1試合目から。

浦博旭選手(愛知県)、谷口弘晃選手(京都府) 対吉田充宏選手(茨城県)、小杉研太選手(愛知県)

f:id:syuurei0609:20190331142645j:plain

3試合ともレフリーは和田京平さん。

この試合の浦選手には、チャンピオンなりたてだった頃の宮原選手並みに厳しく厳格なレフェリングをしていました。

フィニッシュ前の吉田選手のムーンサルトが自爆していましたが、当たっていたら大会委員長にライセンス料が払われているところだったからアブナイアブナイ。(自爆も怪我がなくて良かったけど、アブナイアブナイ)

谷口選手は、行く途中の電車の中でお見受けしましたが、リング上の方が大きく見えました。流石、レスラーですね。

 

2試合目は、エル・キントト選手(奈良県)、ダイヤモンド☆フユカイ選手(長野県)with LINDA様(長野県)対佐々木幹矢選手(大阪府)、凡人パルプ選手(愛媛県)with キューティエリー・ザ・エヒメさん(愛媛県) 

f:id:syuurei0609:20190331144341j:plain

フユカイ選手、久しぶりに見たらチャンピオンになっていました。

LINDA様はいつも以上にセクシーでした。

f:id:syuurei0609:20190331144754j:plain

キントト選手と佐々木選手。

お二人ともこの中では「いい意味で普通」でした。

佐々木選手はテキサス・ブロンコ風のファイトスタイル、嫌いじゃないです。

f:id:syuurei0609:20190331144932j:plain

上で「普通」と書いたのには理由があって、凡人パルプ選手とフユカイ選手が、事もあろうに、ロープワークの際に同じ技を出すムーブ。

信州プロレスではおなじみの光景になっていましたが、厳格な和田レフリーの前でこれしちゃうんだ・・・とちょっとゾッとしました。

1試合目の浦選手のように厳しくされなくて良かった・・・。

f:id:syuurei0609:20190331145555j:plain

凡人パルプ選手のセコンドだったキューティエリー・ザ・エヒメさんは、試合中にフユカイ選手を誘惑。そして、解説をしていた武藤選手まで誘惑。(和田京平さんは誘惑されませんでした)

セクシーすぎてLINDA様と抗争を繰り広げていました。

 

メインは土屋クレージー選手(エゴイスト)、政岡純選手(大阪府)対豪選手(秋田県)、シマ重野選手(新潟県

f:id:syuurei0609:20190331150425j:plain

こちら土屋・政岡組。

写真ではコーナーに登っている政岡選手は雑誌で名前を見ることがあったので、注目していました。動きは軽快で、初めて生観戦出来て良かった。

土屋選手も初めてでしたが、ゲストの大向美智子さんの解説を聞いていたら応援したくなりました。決して恵まれた環境ではないようですが、「プロレスをやりたい」というのが伝わってきました。また見たいです。

 

f:id:syuurei0609:20190331151843j:plain

こちら、左が豪選手で右がシマ重野選手。

豪選手も多分初めてだったと思いますが、良い動きとしっかりした技を使っていました。

シマ重野選手は、信州で試合を見たことがあり、日産スタジアムでも試合は見てないけど、会場にいたので写真を撮っていただいた記憶があります。(先日はNHKBSで試合シーンが放映されていました。)

シマ重野選手も好きなタイプのレスラーです。

この日、ファン投票で1位に輝いていたのはシマ重野選手でした。

 

この日感じたこと。

田中リングアナと和田京平さんの共演って、初めてかな?

昔では考えられない組み合わせでした。

 

試合については、3試合で12名のレスラーと2名のマネージャーさんを見ましたが、まだまだ知らない選手が多いなぁと改めて感じました。

それぞれの選手からは「プロレスが好き」「自分のプロレスを見てほしい」という気持ちも伝わったし、これをきっかけにその選手の地元でも見たいなぁと思う選手も多くいました。

 

試合前の練習の受け身で立ち止まるお客さんも多かったし、試合後も多くの人が選手と触れ合っていました。

この日リングに上がった選手が、多くの人にとっては無名の選手だったかもしれないけど、リングや練習を見て「プロレスだ」って分かってもらえて、試合も見て貰えたのも良かったと思います。

TVのプロレスだけがプロレスじゃないんだよ、もっとこういうプロレスも見て、広がっていくと良いなぁと感じます。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【野球】パ・リーグ「埼玉西武対千葉ロッテ」(4/4)

4/4(木)、メットライフドームで行われた「埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズ」を見てきました。
 
結果は8-6でライオンズの勝利。

f:id:syuurei0609:20190404191130j:plain

先発のホンダケイスケ投手が好投。
しっかり腕が振れていたし、内容も安定していました。
次はパワーヒッターをいかに抑え、ホームランを回避するかがポイントかな。
 
打線は2回までに爆発して大量8点を取りました。
ただ、それ以降はチャンスも少なかったし、ちょっとあっさりした攻撃だったかな。
徐々に追い上げられていたから、追加点があれば展開も違っていたかな。
それと、金子選手の途中交代もちょっと心配。VTRで見ると超痛そうなので大事に至らなければいいけど。
 
 
以下、試合以外のこと。
本日も球場では優勝記念グッズが配布されました。
本日は温かグッズのマント。
確かに羽織ったり、ひざ掛けに使うと温かいです。
屋外や半ドームではこの時期に助かるグッズです。
 
ただ・・・
 
出来れば初日に配ってほしかったかな。
(まだ書くけど、開幕戦は今まででもなかなか経験できない位の寒さでした。)
 
 
この日、球場では「翔んで埼玉」とのコラボがありました。

f:id:syuurei0609:20190404192859j:plain

見てた範囲では、映画に出演されている益若つばささんの場内アナウンスや、SATがグラウンド内外で大暴れしていました。
 
幸い今は埼玉在住じゃないので、都内に戻る時には通行手形は不要でしたが、SATは何も、埼玉に来てまであんな酷いことをしなくても良いのに・・・。
 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【野球】パ・リーグ「埼玉西武対千葉ロッテ」(4/3)

4/3(水)、メットライフドームで行われた埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズを見てきました。


結果は9-3でライオンズの勝利。

先発武隈投手が好投し、中継ぎ・リリーフも頑張りました。

攻撃陣も先発全員安打。

中村選手が4打点の活躍、足を絡めた攻撃も機能し、昨日に引き続き連勝することが出来ました。

ようやくお目覚めになってきた打撃陣が今後も活躍してほしいです。


本日は昨シーズンリーグ優勝の記念チャンピオンリングのレプリカの配布日。

楽しみにしてましたが、貰ってみると想像以上に”ズッシリ”していました。

台座はついていたので、後はきちんと保存できるケースなんかあると良いなぁ。

こういう記念品ってなかなかもらえないし、ファンにも配布していただけるのはありがたいことです。

 

この時期のメットライフドーム、見ていて気になるのが寒さになりますが・・・。

前日の極寒を体験すると、「それほど寒くないかな」と思えてしまうのが不思議。

そうは言っても十分寒いんですけどね。

 

2日の夜、所沢は体感気温が1度って書いてあったんですよね。

あの日、手袋もしてなかったから、手がシモヤケになりかけてます・・・(泣)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【野球】パ・リーグ「埼玉西武対千葉ロッテ」(4/2)

4/2(火)、メットライフドームで行われた埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズを見てきました。

 

結果は7-4でライオンズの勝利。

ライオンズは開幕3連敗中だったし、途中まで正直見てて「打てそうな雰囲気」がなかったです。

1割未満の選手が多数ラインナップされたスタメンは開幕から変わらず。

源田選手の先制タイムリーと4番山川選手のホームランは効果があったかな。

f:id:syuurei0609:20190402191109j:plain

あと、今日は涌井投手にも助けられたかなという印象です。

 

f:id:syuurei0609:20190402180113j:plain

先発のニール投手も満塁のピンチを迎えることもありましたが、何とかギリギリ踏ん張ってました。

先発陣が少ないから、ある程度覚悟しますが、もう少し安定していただけると助かります。


今日の極寒な球場と同様、暖かくなって怪我・不調の選手の復調待ちかな。


それにしても、本当に寒かった・・・。
毎日、あの中で試合してたら怪我人が出そう。
今年は選手層が薄いから、これ以上の怪我は勘弁です。

 


本日、試合もそうでしたが、開幕セレモニーが見たかったんですよね。

f:id:syuurei0609:20190402174539j:plain

選手入場や、OBの中西太氏の始球式。
(OBというより、敵チームのベンチにいる印象が・・・)


凄く寒かったけど、球春到来した一日でした。
(ペナントのレプリカも貰えて良かった。)

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【プロレス】Tokyoチャンピオンシップレスリング(TCW)第2回大会(3/13)

3/13(水)、新木場1stリングで行われた「Tokyoチャンピオンシップレスリング」を見てきました。

 

全試合前、エキシビションマッチとしてダン・スバーン選手とサバイバル飛田選手の対戦がありました。

f:id:syuurei0609:20190313183948j:plain

アメリカ・日本など数多くのマットに上がり、数々のタイトルを獲ったダン・スバーン選手と、「インディーのお仕事」などで数々の試合を見たことがあった飛田選手。

発表された時は想像できないカードだったので、思わず「はぁ?」と驚きの声を上げました。

時たま想像つかないカードってたまにありますけど、これもそう。

エキシビジョンではありましたが異次元の試合が展開されていました。

(と、言っても、ダン・スバーン選手の一方的な試合でした。)

 

本編の1試合目は女性軍((キャプテン)日向小陽選手、 唯我選手、チェスカ選手、LINDA選手、桐原季子選手、葉月イナ選手)対男性軍((キャプテン)タイガー木原選手、 佐野直選手、HASEGAWA選手、加藤茂郎選手、千葉智紹選手、Theよっちゃん選手)

f:id:syuurei0609:20190313190918j:plain

場外乱闘中にルールが変わる、主催者や他の試合に出場するレスラーが”凶器”をして乱入する・・・など、ハチャメチャで異次元な試合でした。

 

2試合目は長瀬館長選手、大和ヒロシ選手、福士“赤天狗”直也選手対新井健一郎選手、レザー・フェイス選手、ジェイソン・ザ・ゴルドー選手。

f:id:syuurei0609:20190313192542j:plain

近くのお客さんが、試合途中に新井選手と大和選手が対戦している際「やっとプロレスが見えた」という言葉を発していたのが、強烈に印象に残ってます。

 

3試合目は王者ユン・ガンチョル選手とキム・ドク選手のNKPWAヘビー級選手権試合。

f:id:syuurei0609:20190313194206j:plain

最近キム・ドク選手。。。自分はタイガー戸口選手と言った方がしっくりくる昭和世代なんですけどね。

試合はキム・ドク選手ペースでしたが、不可解な反則裁定という残念な結果でした。

 

4試合目はジョー・レジェンド選手、トム・ラ・ルーファ選手、ブライアン・アイドル選手対宮本和志選手、橋本友彦選手、力選手。

f:id:syuurei0609:20190313200402j:plain

力選手が米・仏・独の連合チームに捕まる時間が多かったですけど、最後は日本チームが大逆転勝利でした。

こういう試合を経験すれば、力選手はもっと守備力が上がっていくと思いますね。

対戦相手のレジェンド選手、ルーファ選手、アイドル選手は「未知なる強豪臭」がプンプンと匂ってくるような雰囲気の選手でした。

どこか他の団体にも来ないかな。

 

メインはダブルメインイベント。

1試合目はダン・スバーン選手対アレクサンダー大塚選手。

f:id:syuurei0609:20190313202306j:plain

ラウンド制でしたが、それまでと違って異種格闘技戦独特の「緊張感」がありました。

やっぱりダン・スバーン選手は強かった。

 

メインイベント2試合目はジェームズ・メイソン選手対田中稔選手。

f:id:syuurei0609:20190313204753j:plain

メイソン選手を見たのは初めて。

稔選手をコントロールするのが上手かった。

世界最強かどうかは1試合だけだと分からないけど、テクニックはある選手という印象です。

 

最後はほぼ全選手がリングに上がって、次回以降へ続く・・・。f:id:syuurei0609:20190313210230j:plain

 

ハチャメチャな試合もありつつも最後は普通に良い試合で終わるという、全体を通して他にない珍しい興行という印象を受けました。

 

いろいろ可能性を感じる第2回大会でした。

 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【水泳】「FINAダイビングワールドシリーズ・相模原大会」(3/3)

3/3(日)、相模原市のグリーンプールで行われた「FINAダイビングワールドシリーズ・相模原大会」を見てきました。
 
リオデジャネイロオリンピック」の金メダリストなど世界の強豪選手が多数参加。
日本も来年に向けて強化をしている競技なので、この大会で世界との距離がどのくらいあるのかが分かるものだったと思います。
 
時間の都合もあったので、午前の部(3m飛板飛込 女子準決勝、10m高飛込 男子準決勝)だけを観戦。
 
「3m飛板飛込 女子準決勝」はこんな感じの飛び込み台。

f:id:syuurei0609:20190303190534j:plain

 
「10m高飛込 男子準決勝」はこんな感じ。

f:id:syuurei0609:20190303121010j:plain

 
10mの高飛込・・・自分自身、高所恐怖症でこのような競技はしたいと考えたことはありません。
細かいルールや採点方法は正直よくわからなかった部分もありますが、「水しぶきをなるべく上げないで着水する」とか、「空中でどんな回転する」とか、「きれいな形になってる」か・・・って所を中心に見ていました。
この日配布されたチラシには、採点方法や見る際のお作法が書いてありました。
超初心者にはちょうど良かったです。
 
この日の競技、見ててすごかったなと感じたのは、10m高飛込の中国YANG Jian選手(リストの表記のまま)でした。
見てた全選手の全種目の中で、この時唯一100点台をマーク。
(夕方の決勝は、複数の選手が100点台をマークしてました)
素人の自分が見てても、きれいなフォームだったし、着水の水しぶきも少なかったので、とても印象に残っています。
 
このダイビングワールドシリーズは、3月1日から3日間開催されていて、運悪くこの日程でしか見に行けませんでしたが、何かの機会があればまた見てみたい競技でした。
(今年の世界水泳楽しみです。来年の東京オリンピックも現地で見たいけど、チケット代高そうだな・・・。)
 

にほんブログ村 音楽ブログ ライブ・コンサートへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村