しゅうれいのフニャフニャ夜(Night)♪

ライブやスポーツ観戦の感想が中心です。

【サッカー】J3リーグ SC相模原対FC町田ゼルビア(4/19)

4/19(日)、相模原ギオンスタジアムで行われたJ3リーグSC相模原FC町田ゼルビアを見てきました。

この両チームは「相武決戦(町田側では「武相決戦」)」というダービーをやってます。
対戦成績はJFLでは1勝1敗、J3元年は町田3勝という結果が残っています。


スタジアムに着くと、さっそく町田側スタンド裏に横断幕が。

相模原のチームスタッフの方も「あれ、どういう意味なのかな?」って言ってたんですけどね。
「跳ぶ=J2」ってことなのかな?相模原にはJ2ライセンスないし。

スタンドの中でも横断幕での応酬がありました。
相模原

町田

13時過ぎ、町田のキックオフでスタート。

前半は相模原ペースだったかな。
前半3分には井上選手のヘッドで1-0、39分には高原選手のゴールが決まって2-0。
相模原は中盤でボールを奪って曽我部選手、樋口選手、井上選手、高原選手が攻撃を仕掛ける展開が多かったです。


後半は相模原のキックオフでスタート。

町田が攻勢をかけて、鈴木(孝)選手のシュートのこぼれ球を久木野選手が決めて2-1。

1点取った後の町田はさらに攻勢をかけていました。

昨年までの相模原だったら、浮足立って一気に逆転されたかもしれません。
ただ、この日はバタバタしていた部分もありましたが、何とか踏ん張っていました。

相模原は攻撃陣が前から守備してボールを奪うことが今までより多く見られ、それが攻撃にも活きていたのかもしれません。

後半は得点は町田の1点だけでしたが、2-1で相模原の勝利。

相模原はU-22選抜との試合もそうでしたが、この日の攻撃陣は安定していると思います。
後は、バックアップメンバーの底上げ、この日途中交代したトロ選手の代わりという所が安定できるかが今後の戦いのキーになるかもしれません。

町田は、個人的には宮崎選手が途中交代で出てきている方が怖いと思います。
そう思うのには前の鳥取戦で交代出場して2ゴールをあげていた印象が強く、メンバーを知る前までは「同じ展開になると厄介だろうなぁ」と思っていました。
先発でも怖さを感じましたが、相手の疲労している時間の方が結果残せるような気がしています。



にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村